セミナー集客はターゲット選定から始めろ! 2-2

皆様、こんにちは。WizBiz株式会社代表の新谷です。本日は、ターゲット選定の第二回コラムを書かせていただきます。

前回、ターゲットイメージを鮮明にすると集客が楽になる!ということを書かせていただきました。【ターゲットイメージの鮮明化!】。その鮮明化のやり方を書きましたが、皆様、いかがですか?出来ていますか?

さて、本日は、さらにターゲットについて、深堀りしたいと思います。

ターゲットとは、貴社の顧客、ファンになる方、のことです。貴社のファンになる方はどんな人でしょうか?貴社のファンを見つけ出す一番簡単な方法は、以下になります。

  • 貴社のファンはどんな人か?例を3例~10例くらいあげる。

つまり、今、貴社のファンの方はどんな人か!を分析をするだけで、貴社のターゲットが見つかります!大変簡単です。ぜひ、実践ください。

さらに、

  • その分析後、ターゲットイメージを鮮明化する
  • そのターゲットがいそうなマーケットを探す
  • マーケットに対して、ターゲットが響く言葉を選び、販促を仕掛ける

という三つの手順を踏めば、そのまま、貴社の顧客開拓になります。

さて、ここで、全然違うお話を。この作業工程を行なうときの社員の気持ちはどうあるべきでしょうか?私は常々、社員達に「顧客を愛せ」としつこく言っています。というのも、お客様がいなければ、我々は存在しないからです。請求書を封筒に詰め郵便で送る際も、社員には「ありがとうございます。と言いながら、封筒につめろ」と言っています。そんなことをしているから、集客がうまく行く!なんてことは一切ありません。ただ、お客様に感謝し、顧客を愛し、お客様を触っている感覚で考え…という心持ちで、やっていると、文章がターゲットにあった文章になったり、お客様の心理が見え、うまく集客できたりするものです。作業をする方の心持ちも、大切なのです。ぜひ、貴社でも、心持ちを整え、上記の3つの作業を行なってみてください。集客が進むかも…!

次回は、違うテーマで書きたく存じます。次回も、お楽しみに…。

◆プロフィール
WizBiz株式会社 代表取締役社長 新谷 哲

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。
2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。2017年現在、17万社の会員企業を組織する経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。WizBizは日本国内では、No.1の経営者向けネットメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間5000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。

「人材育成」「中期経営計画策定」、「助成金・補助金活用術」「最新マーケット分析」など、経営課題を解決するさまざまなテーマのビジネスセミナーを開催しています。昨年1年間では6000名を超える皆様にご参加いただきました。明日から経営に活かせる実践的な内容が満載です。ぜひご活用いただき、「成功の法則」を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加