集客しても、儲からない!クロージングが出来なければ無になる!セミナーで儲ける方法 1-1

皆様、こんにちは。WizBiz株式会社代表の新谷です。本日より、不定期で、コラムを書かせていただきます。ぜひ、参考になさってください。

さて、本日のコラムは、

「集客しても儲からない!クロージングが出来なければ無になる!セミナーで儲ける方法」

と題しました。

私どもも、よくセミナーを開催します。毎月40本以上のセミナーを開催しています。
もちろん、集客出来ているセミナー、出来ていないセミナー、いずれもあります。そして、よく悩んでいます。

なぜ、集客できるもの、出来ないものが出てくるのでしょうか?

実はこれには、原因が明解にあります。

私が普段、部下に話している「集客の成功要因」は、

☆3つの成功要因

  • 目的
  • ターゲット
  • 集客手段

の3つを話すことが多くなります。

セミナーの「目的」が、鮮明にイメージできていないときは、集客が出来なくなっていることが多いです。同様に、集客したい「ターゲット」が間違っていたり、「ターゲット」とセミナーの内容やキャッチコピーがミスマッチだと、確実に集客がうまく行きません。

そして、「集客手段」が間違っているときも、やはり集客数が伸びないことが多くなっております。そこで、「この3つ、目的・ターゲット・集客手段を徹底的に考えろ!」ということを部下達に話をすることが多くなるのです。

ところが、この3つを言い続けていても、集客が伸びないときがあります。

こんなとき、部下の能力不足、部下の努力不足、部下の考え不足・・・、ではないか?と、部下の責任にしがちです。私も当初はそう考えました。しかし、本来の問題は違います。もっとも重要な問題は、

「売る」≒「クロージング」について、考えずに集客をしている

ことの方が一番の大問題なのです。このことに気づくと、集客が変わります。集客が伸びていきます。なぜ伸びるのでしょうか?

実は、先ほど挙げた3つの成功要因の中で、一番最初の「目的」が本来は一番重要なのです。セミナーはあくまで、目的のためのセミナーでしかないのです。ところが、目的のところが、いつの間にか、「セミナー集客する!」に変わっているケースが散見されます。それは、目的ずれを起こしていることになります。つまり、セミナー後、どのように、何を売るのか!が鮮明にイメージ出来ているか!が重要なのです。

このことに気づくことで、集客数字がガラッと変わりました。5社しか集客出来ていないセミナーが10社に!30社の集客セミナーが100社に!変わって行きます。

つまり、多くの方々は、いつの間にか、セミナーの目的が「セミナーを開催すること」になっているのです。これを、「セミナー後、○○を△件、売るため!」に変えることが、一番、集客に影響を及ぼすのです。

私どもは、この3つの成功要因を鮮明にし、イメージし、集客をスタートさせます。

ぜひ、皆様も、実践してみてください。

次回は、この集客とクロージングについて、さらに深堀り、して参ります。次回をお楽しみに・・・

◆プロフィール
WizBiz株式会社 代表取締役社長 新谷 哲

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。
2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。2017年現在、17万社の会員企業を組織する経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。WizBizは日本国内では、No.1の経営者向けネットメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間5000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。

「人材育成」「中期経営計画策定」、「助成金・補助金活用術」「最新マーケット分析」など、経営課題を解決するさまざまなテーマのビジネスセミナーを開催しています。昨年1年間では6000名を超える皆様にご参加いただきました。明日から経営に活かせる実践的な内容が満載です。ぜひご活用いただき、「成功の法則」を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加